イメージ画像

助産師の求人│キャリアアップにつながる転職を!

キャリアアップを目指す助産師におすすめなのが、認定看護師の資格を取得するということです。認定看護師の資格は非常に取得が難しく、取得することで更なる知識を身に付けることができるでしょう。

キャリアアップに繋がる資格はいろいろありますが、個人の努力だけでは取得が難しい資格があるのも事実です。難しい資格の取得にチャレンジしようと思っているのであれば、勤務先の病院にサポートをしてもらうというのもいいでしょう。

医療関係の資格はたくさんありますが、それらの資格取得のサポートに力を入れている病院もたくさんあるのです。この点を重視して転職をする人も珍しくありません。それから、資格取得以外にも様々なキャリアアップの方法があります。例えば、セミナーに参加するという方法も検討してみてはどうでしょうか。

全国各地で助産師のキャリアアップに繋がるようなセミナーが開催されています。セミナーに参加することによって理解を深めることができるだけでなく、新たな知識を身に付けていくことができるはずです。

助産師のキャリアアップは、管理職の助産師だけが考えればいいというものではありません。今は助産師が不足していることもあり、1人1人の助産師が高い技術と知識を持って仕事にあたらなければならないからです。

助産師が担当する仕事は簡単な仕事とはいえませんが、知識を深めてできることを増やすことにより、活躍の場所を広げることができるでしょう。院内助産所や助産師外来など、助産師が働ける場所は1つだけではありません。

様々な職場での勤務を経験することもキャリアアップに繋がるので、今の職場に満足できてない、これ以上学べることはないと考えているのであれば、転職も視野に入れてみるといいですね。

求人情報を確認してみると、助産師のキャリアアップに力を入れているという職場もたくさんあります。キャリアアップのために転職を考えている人は、助産師求人サイトを上手に活用しましょう。

助産師の仕事と中絶の問題

助産師の仕事は、新しい命が誕生する現場に関わることができるとても素敵な仕事です。そのことにやりがいを感じている人もたくさんいます。お産に関する専門家であるため、基本的な仕事は母子の身体と心のケアですよね。

ですが、助産師という立場上、時には辛い場面に立ち会うことになることもあるということをよく理解しておかなければなりません。死産や流産といった可能性も考えられる場面に立ち会うことになります。

助産師の仕事にやりがいと誇りを感じて取り組んでいる人にとって、中絶という選択肢が認められないということもあるでしょう。残念ながら中絶を選択する人は少ないとはいえません。その数は、ガンで死亡する人の数と同じくらいだと言われるほどなので、いかに中絶の数が多いか想像することができますよね。

中絶が増えてしまった理由の1つに、医療の進歩が挙げられます。妊娠初期の段階で胎児の異常が分かるようになったこともあり、産むという決心ができず、中絶を選択してしまう人がいるのです。

また、妊娠22週目以降は中絶を行うことが認められていませんが、妊娠9週目までに中絶を行うと母体への負担が軽いということから、早い段階で中絶を決定してしまう人が多いです。

中絶に何度も立ち会っている助産師の中には、その光景に耐え切れずに職場を離れてしまう人もいます。しかし、助産師という仕事を選択する以上、望まれて生まれてくる新しい命の現場に立ち会いたくて助産師という仕事に就いた人でも、こういった現場は体験しなければなりません。

思春期の頃の性教育などはもちろん、避妊に関する正しい知識を伝えていくということも、助産師が行うべき大切な仕事の一つだと言えるでしょう。

中には中絶すべきかどうか迷って助産師に意見を求めに来る人もいます。そういった人の心のケアをすることも求められるので、コミュニケーション能力も磨いておきましょう。中絶を検討する妊婦さんの中には精神的に不安定になっている人もいるので、そういった方もしっかり支えてあげる必要があります。

意外と多い看護師の針刺し事故

看護師の業務で意外によく発生してしまうのが針刺し事故です。注射後の針が自分の手に刺さってしまうということが起こってしまいます。そのときは特にたいしたことはないと思ってしまいがちですが、実はこの行為は今後の看護師人生の中で、大きな失敗を起こしてしまう前兆であると言われています。

一見、事象自体は大したことないかもしれません。しかし、注射には一連の流れがあり、その流れの中で通常の手順から逸脱してしまったときに発生するのが針刺し事故です。針が自分に刺さってしまうということには理由があります。その理由を明確にしないと同じことが繰り返されてしまいます。また、今後より複雑な作業に携わる際に、自己の習慣で作業手順を変えてしまうことによってさらに重大な事故に発展してしまう場合もあります。

針刺し事故自体は大したことがないので、自分で我慢してしまい看護師長に報告もせず、インシデントリポートを書く必要もないだろうと思い込んでしまうと、その時の自分の間違いに気が付くことができません。間違いを繰り返していることによるリスクはいずれ違った形で自分に降りかかってくるかもしれません。その原因を人に指摘をされることで改善することができたり、原因を追究することができるのです。

針刺し事故はほんの一例です。医療事故の多くは患者さんの健康や肉体に対して発生するものです。自分の体を守ることができない看護師が患者さんを守ることができるわけないと自分の気持ちを引き締めることも必要です。

このページの先頭へ