イメージ画像

“なぜ助産師を目指したのか”初心が大切です!

看護師さんにも言える事でしょうが、助産師さんのお仕事は外から見るよりもよっぽど苦しいものです。「生命の誕生に携わる神秘的で魅力溢れる職業だ!」という事は確かでしょうが、ただぼんやりと夢見ているだけでは務まらない大きな責任も担っています。

ハードな業務をこなす中では、「なぜ助産師になりたいと思ったのか」という確固たる理由が、助産師になったあなたの原動力になるのではないでしょうか。

出産予定日とはあくまで目安になるもので、その通りに赤ちゃんが誕生するとは限りません。多くの場合、多少のズレを持って陣痛がくるものです。しかもその時間帯もバラバラで、何時何時生まれるのかは誰にも分からないのです。ですので、助産師さんはいつでも対応が出来るようにスタンバイしておく必要があり、助産師さんというお仕事には夜勤がつきものです。

そしてその陣痛の時間も個人差が大きく、すぐ出産になる妊婦さんや中には数日間陣痛に苦しむ妊婦さんもいらっしゃいます。陣痛中の妊婦さんはもちろんですが、妊婦さんを支える助産師さんの体力も消耗します。妊娠や出産は病気ではありませんが、お産というのはそれだけ壮絶なものなのです。

また、すべての妊婦さんが正常なお産になる訳ではありません。様々なアクシデントに備え、対応し、無事分娩を終える事が出来るように心身ともに支えるのは助産師さんの役目です。

お産のシーンだけで考えても、助産師さんの業務の過酷さがよくわかりますね。にもかかわらず、なぜ助産師さんを目指す方々がいらっしゃるのでしょうか?

やはり根底には“生命の誕生に触れ、喜びを分かち合う”という魅力につきるのではないでしょうか。お産とは、基本的におめでたいものです。赤ちゃんが誕生した際には、新しいお母さんやお父さん、親族やご友人の皆さんが大変喜ばれます。

そういった喜びに日々触れ、命の大切さに気付き、感動を実感できる事が、〈助産師さん〉としてがんばれる力になっていくのではないでしょうか?

このページの先頭へ