イメージ画像

助産師外来のメリットについて

助産師さんとして働き方の選択肢に、〈助産師外来〉というものがあります。最近注目を集めているようですが、いったいどのようなものかご存知でしょうか?それにはまず、助産師の働きかたについて説明しておきます。

助産師になるにはまず、看護師の資格を取得する必要がありますね。そのうえで国家試験をパスし、晴れて助産師の資格を手にすることが出来ます。この助産師さんには、医師のような医療行為を施すことが認められていません。

しかし、正常なお産が望める(帝王切開や投薬など、医療行為が不要な)妊婦さんの検診や分娩を目的とした〈助産院〉を開業する事はできるのです。

この助産院の利用は、不要な医療行為が介入しない自然なお産が出来るとあって近年注目され重要が高まっていますね。産婦人科で行われる検診に比べ、気軽で抵抗感もすくなく、且つ充実した検診も人気に拍車を掛けているようです。

しかしその反面では、トラブルが起こった時には産婦人科医のいる病院への転院する必要がでてくるなどのデメリットもはらんでいるのです。

もちろんそれはお産の最中でも同様です。分娩中に異常が見られ、緊急帝王切開など医療行為が必要な場合は医師のもとへ搬送される事になるのです。お産には一刻を争うシーンが起こりえますので、助産院ではこの“もしも”のときの不安が拭いきれません。

では、助産師外来ではどうでしょうか?産婦人科のある病院のなかには助産師外来を開設しているケースがあり、そこでは助産師さんが妊婦さんの検診や産後指導を行っています。男性も多い産婦人科医に対して同性の助産師は妊婦さんにとっても親しみやすく、また抵抗無く相談ができるため、助産院同様人気が高まっているようです。

また、もしも検診や分娩中に異常が見られたとしても産婦人科医へ移る事がスピーディーに行えるため不安がありません。助産師外来とは、助産院と産婦人科、その両方の利点を妊婦さんがうまく利用できるスタイルと言えるのではないでしょうか。

このページの先頭へ